付属品は必須

これはカメラだけに限らずに全ての中古品の買取査定時に言えることなのですが、査定に持っていく際にはその付属品も一緒に持っていってください。付属品があるのと無いのでは大きく査定額が変わることがあるので、売った後から付属品が出てきた、なんて事になっては目も当てられません。ですので、ご自分で購入した品でしたらどれが付属品か分かると思いますが、遺品などの自分で購入していない品の場合は付属品として何が付いていたのか調べるか、それらしいものを纏めて持っていく、または店員に直接聞いてから後日改めて付属品と共に買取に持っていくなどの手を打っておくのが無難でしょう。

また、買取査定時にはお店に直接出向かなくとも買取査定を行ってくれるサービスをしている所もあるので持っていくのが億劫だという場合や、前述のような付属品がどれだか分からないという場合にはお店の人に直接家まで来て貰うというのも良い方法でしょう。査定だけ、と言う場合であってもメール等で画像のやり取りなどによる簡単な査定も行ってくれるので、そうしたサービスを提供している業者に頼めばどうするかまだ迷っているという方も安心して利用することが出来ます。

中には水没させてしまったカメラであっても買取を行ってくれる業者もいるようなので、自宅に壊れてしまったと思い眠らせているカメラがあれば一度買取を検討してみては如何でしょうか。