買取のポイント

カメラの中古品買取の基準はいくつかあります。壊れている物でしたら当然その破損の程度によっては減額される額も大きく変わってきますし、前述の通り修理可能な技術や設備が整っているとは言っても全てを完全に修理する事が出来るわけではありませんし、業者によってできる事と出来ないことがあるのも当然の事と言えるでしょう。そうした理由から、本体の故障やレンズの破損などよりもボタンの不具合のような基盤側に問題がありそうな故障の方が減額される額は少なくなる事が多いようです

中古の買取は買い取った商品を何らかの形で利益に変えることで商売として成り立っています。なので当然、買取価格が高くなるのは需要の高い物、つまり人気のあるモデルとなります。そうしたモデルの中でも特に国内産の物は高価買取をしていることが多いので、手元にあれば期待できるでしょう。ただし、安価に大量生産されているような物は不良在庫として抱えている事が多いため買取価格は下がってしまいます。

このような事に注意して壊れたカメラを持ち込めば、ゴミとして捨てるしかなかった廃品がもしかしたらちょっとしたお小遣い程度になるかもしれません。使っていないカメラがありましたらぜひ一度査定だけでもしてみては如何でしょうか。

付属品は必須

これはカメラだけに限らずに全ての中古品の買取査定時に言えることなのですが、査定に持っていく際にはその付属品も一緒に持っていってください。付属品があるのと無いのでは大きく査定額が変わることがあるので、売った後から付属品が出てきた、なんて事になっては目も当てられません。ですので、ご自分で購入した品でしたらどれが付属品か分かると思いますが、遺品などの自分で購入していない品の場合は付属品として何が付いていたのか調べるか、それらしいものを纏めて持っていく、または店員に直接聞いてから後日改めて付属品と共に買取に持っていくなどの手を打っておくのが無難でしょう。

また、買取査定時にはお店に直接出向かなくとも買取査定を行ってくれるサービスをしている所もあるので持っていくのが億劫だという場合や、前述のような付属品がどれだか分からないという場合にはお店の人に直接家まで来て貰うというのも良い方法でしょう。査定だけ、と言う場合であってもメール等で画像のやり取りなどによる簡単な査定も行ってくれるので、そうしたサービスを提供している業者に頼めばどうするかまだ迷っているという方も安心して利用することが出来ます。

中には水没させてしまったカメラであっても買取を行ってくれる業者もいるようなので、自宅に壊れてしまったと思い眠らせているカメラがあれば一度買取を検討してみては如何でしょうか。

壊れたカメラを買取

中古のカメラを売りたい、という人の動機は様々あります。新しいカメラの購入の為や、生活費の足しにする為に今すぐ現金が欲しいという方や、購入したカメラが増えてきたので使わないものを整理するために中古の買取に出そうと思っている方。故人の遺品の中にカメラがあったが親族等で使う人がいなかったため中古の買取をお願いしたい、という方。こうした様々な事情で手放され中古買取店に持ち込まれるカメラですが、意外にも壊れてしまっている商品であっても買取してくれることがあるのです。しかも、投げ売りのような安価ではなく高価買取の可能性があるというのですから驚きです。

PCなどであれば動かないノートPCやDVDドライブの付いていないPC等を中古で売っている店はよく見かけますが、中古のカメラ販売店などに行っても中々ジャンク品のカメラを売っている所は見かけません。それなのにどうして壊れてしまったカメラの買取を行えるのか、一番気になるところですが答えは簡単です。そうした買取を行っている業者には壊れたカメラの修理や必要な部品だけを取り出して、他の破損品の修理に充てる技術や設備、ノウハウが備わっているからなのです。

例を出すと、カメラのレンズの曇りなどは専用の設備があれば比較的簡単に綺麗な状態にする事が出来ますが、一般家庭にそうした設備があるという事は中々あり得ません。ですが、買い取り業者にはそうした設備があるか、またはそうした設備を使用できる手段があるため、壊れたカメラであっても買取が出来るという事です。

このような理由で壊れてしまったカメラも買取できる可能性がある為、中古買取に出そうかと思っていたけれど壊れているし売れなさそう、と諦めずに一度買取査定に持っていってください。もしかしたら意外といい値が付くかもしれません。